TOWERING CIRCUS NOTES

vol.0 grief

エピグラフ

2018年06月06日 13:59 by nono_okuma

 死が事件であり、予期せぬできごとであり、それゆえに人を集めて、興味をひき、緊張させ、感情をかきたてて、茫然とさせる、という時期がある。そして、ある日のこと、もはや事件ではなくなる。縮まって、取るに足りないことになり、語られなくなる。陰翳で、手だてのない、べつの持続になる。いかなる語りの論法もありえない、ほんとうの喪になる。

(ロラン・バルト『喪の日記』)

関連記事

「第三章 恥ずかしさ、あるいは主体について」(ジョルジョ・アガンベン『アウシュヴィッツの残りのもの』より)

vol.1 ハンセン病(2018.07)

ハンセン病資料館/多摩全生園跡地、来訪

vol.1 ハンセン病(2018.07)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)